ブルーベリーの成分は何か

ブルーベリーは目に良い効果があるというのは、知っているという人は多いでしょう。

 

しかしどの様に良いのかと聞かれると、分からないという人は多いでしょう。ブルーベリーはきれいな青い色をしています。これは、アントシアニンという色素です。このアントシアニンが、目にとても良い効果があります。

 

アントシアニンは、ポリフェノール類で抗酸化作用があります。そして網膜の働きを助けてくれます。なのでパソコンやスマートフォンの使い過ぎで眼精疲労がある人が飲むと、症状を改善する効果があります。最近は、外で遊ぶ子供をあまり見かけなくなってきています。

 

自宅でゲームをして遊ぶ子供が増えているのも原因の一つでしょう。現代人は、子供の頃から目を酷使してしまっています。ゲームのやりすぎで近視になってしまったという人もいるでしょう。ブルーベリーは大人だけでなく、目を酷使している子供にも摂取して欲しい成分になっています。

目の病気予防について

ブルーベリーで目の病気を予防!

 

年齢を重ねてくると気になるのが目の病気です。

 

特に白内障はかかる人が増えています。周りの人が、白内障の手術をしたという話を聞いたことがあるという人もいるでしょう。白内障の原因は様々ですが、長年紫外線を浴び続けてきた事も原因の一つでしょう。

 

この病気は年齢を重ねるとともに、酸化により水晶体が濁っていきます。水晶体が酸化するのを防ぐには、抗酸化作用のある食品を摂取する事が重要です。なのでブルーベリーのアントシアニンには抗酸化作用がありますので、効果的な食材といえるでしょう。

 

合わせて摂取して欲しいのは、ルテインという成分です。これはマリーゴールドから取れる成分ですが、抗酸化作用が大変高く、水晶体の酸化にとても効果があります。

 

最近では、ブルーベリーとルテインの両方が入ったサプリメントが売られています。ブルーベリーとルテインの相乗効果で、がん病予防の効果が高まりますので、是非お勧めです。

ブルーベリーは緑内障に効果があるのか

緑内障に罹る人は増えていて、患者は30万人とも言われています。

 

ブルーベリーで目の病気を予防!

 

これは視野が欠ける病気で、主な原因は眼圧が高い事です。失明の危険もありますので、眼科での治療が必要になります。

 

治療と併用して摂りたい成分は、やはりブルーベリーです。ブルーベリーは、網膜の血液の量を増やす働きがあるからです。血液の量を増やす事で、栄養と酸素が隅々までいきわたる事が出来ます。

 

そうすると神経系の働きの改善にも効果が出ます。その結果緑内障の進行を抑える事が出来ます。網膜の血液量の低下は、緑内障の人だけが起こる訳ではありません。

 

パソコンやスマートフォンなどで目を酷使している人にも起こる症状です。また、ストレスなどによっても起こる事があります。なので、網膜の血液量を低下させない為にも、ブルーベリーを日頃から飲んでおくと良いでしょう。また、パソコンやスマートフォンをする時は、適度に休息を入れていく事が大事です。